痛風の苦しみに終止符を!ザイロリック通販   >   痛風はどんな病気?

痛風はどんな病気?

痛風で痛む足の親指

痛風は名前のとおり、風が吹き付けるだけでも痛みが走るという病気です。過剰に摂取したプリン体が体内で尿酸に変わり、結晶化した尿酸が関節内に蓄積することで激しい関節炎を伴います。痛風は日本国内だけでも500万人の患者が存在するそうで、痛風の一歩手前であるツ風予備軍も含めるとその数は1000万人にも上ります。

痛風は発症する前に血中の尿酸値が異常に高い状態が長期間続きます。これは高尿酸血症と呼ばれる状態ですが、これが長続きすると、急に足の親指などの関節が痛みだすのです。7日〜10日くらいで痛みは消えますが、しばらくすると全く同じ症状が起こるのです。

痛風が原因で関節に激しい痛みが生じることを痛風発作と呼びますが、痛風発作は耐えがたい痛みであり、経験した人は2度とあんな痛みを味わいたくないと口をそろえて言うほどです。

痛風を放置しておくと、痛風の症状が悪化するだけでなく、糖尿病や腎臓の病気につながる恐れがあります。慢性の痛風になってしまうと、一生治療をつづけなければいけないこともあるようなので、痛風にかかった人や疑いがある人は、十分注意する必要があるのです。

痛風の治療薬として注目を浴びているのが、ザイロリック錠と呼ばれるお薬です。ザイロリック錠はイギリスの製薬会社で開発されたお薬で、尿酸の生成量を抑えて、尿酸が体外に排出されやすくしてくれるのです。

ザイロリック錠は日本でも認可されており、痛風治療を行う病院でよく処方されていますが、海外医薬品を販売する通販サイトで購入する方がお得です。まとめ買いで1箱あたりの値段がさらに安くなり、送料も無料になります。痛風でも忙しくて病院に行けないという方には特に通販サイトがオススメです。

Copyright(c) 2017 痛風の苦しみに終止符を!ザイロリック通販 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com